キャンペーンで選ぶ

合宿免許を選ぶには自分に合った部屋選び、楽しい食事選び、その上でキャンペーンやサービスも選択のポイントとなります。やはり合宿免許それぞれに、いろいろなキャンペーンやサービスがあります。例えばキャンペーンには合宿免許料金の値引き、さまざまな近くの施設の無料利用券のサービスなんていうものも。その地域によって観光地のアトラクションや温泉の無料券がついているなど、お得なキャンペーンもあります。

またそれぞれの合宿免許の地域環境によってサービスもいろいろ。例えばスキー場の近くの合宿免許の場合は、授業が終わってからゲレンデまでのマイクロバスによる送り迎えのサービスや、観光地なら近くの名所までの送り迎えサービスなどがある場合も。他にも施設内にスポーツができるマシンなどが揃っている場合もあるので、毎日運動をしたい人にはおすすめです。またそんなところで友達ができたりすることも。

女性には近所のエステへの無料券サービスがあったり、常時50種類以上のマニキュアが自由に使えるルームがあったり、その地域地域の特産物の無料サービスが付いている合宿免許もあります。特に女性限定の魅力的なサービスを用意している合宿免許も。女性の集客を強めている合宿免許は、女性が好きなルーム内装になっていたり、女性に優しい合宿免許が今増えています。

食事も重要

合宿免許は免許を取ることだけでなく、プラスαの楽しみもあります。その一つが食事の人もいるのではないでしょうか。またプラスαをどのようにしたいかによって、食事のタイプを選択したいものです。例えばせっかくなら、おいしいものをガッツリ食べたいという人もいるでしょう。そういう人は例えば海の近くの合宿免許を選ぶと、海の幸を楽しむことができるのではないでしょうか。また食事の質や量をアピールしている合宿免許を選ぶのも一つです。

参考リンク【http://gasyuku-menkyo.com/】
“合宿免許.com”は食事に力を入れている教習所情報を載せています。

旅行気分でしょっちゅう外出したい人は食事を付けない契約をするのもおすすめ。外食を中心に、たまにはコンビニ弁当にしたりと、自分でコントロールすることもできます。友達やグループで参加する場合は、昼食だけ契約するのもおすすめ。教習が終わったら、近くの観光地巡りをサポートしてくれるような合宿免許もあるので、旅行気分を楽しみたいならそんなサービスのある、観光地の合宿免許を選ぶのもおすすめです。

逆にできるだけ安く済ませるためには夕食を契約せず、自炊プランにすることもいいのではないでしょうか。コンビニ弁当だけでは飽きてしまうので、自炊ができるところ合宿免許ならスーパーでおかずを買ってきて、ご飯を炊くだけで男性でもOKです。また女性同士のグループで、みんなで楽しくお料理をしてパーティー気分も楽しいのではないでしょうか。このように自分の目的にあった食事契約を選択しましょう。

合宿免許部屋を選ぶ

合宿免許はやっぱり楽しみながら免許が取れる、普通に免許を取るよりずっと割安で早く取れる、友達と一緒に旅行気分で免許が取れる、新しい友達ができるなど、いろいろな期待を持っているはずです。しかし合宿免許選びを失敗してしまうと、そんな期待も台無しになってしまいます。そこでまず合宿免許選びの基本でもある部屋選びから考えてみましょう。合宿免許では最低でも2週間と結構長い期間を過ごします。だから一人で参加する場合、まず迷うのが部屋の問題。個室がいいか相部屋がいいかということです。これはとても難しいことがあり、どちらもそれなりにメリット、デメリットがあります。そのため自分に合っている方を選ぶようにしましょう。

まず、いびきなど、他人と一緒に寝る事が難しい、神経質タイプの人は絶対に個室がおすすめ。また人間関係が面倒だという人も個室がおすすめ。しかしあまりその辺の心配がない人であれば、絶対に相部屋がおすすめです。その理由はお互いに一人で参加している場合、気持ち的にも助け合うことができ、友達になることができます。そして料金も安くなるというメリットがあるからです。ただしこれは自分の性格を考えて決めることが大切。あまり冒険をしたくないなら個室がいいでしょう。また友達と一緒に参加する場合は相部屋で親交を深めることもおすすめ。ただし自分が神経質な場合は、友達でも寝室は別々にしようということを我慢せずにはっきり伝えることも大切です。結局イライラして仲の良い関係が崩れてしまうなんてことになりかねません。

次に部屋を選ぶときにネットの環境は重要です。最近のパソコンはネット接続が無線だけというものも多いので特にWi-Fiの環境をチェックしておきましょう。また携帯でネットサーフィンをしたいと思っても、田舎だったらつながりが悪いところもあるので、その辺もチェックしておくべきです。やっぱり思ったより時間はたっぷりあるのでネットは絶対に重要ではないでしょうか。